景気の影響を受けない職業

看護師

多忙な学生生活

看護師は医療系の専門職ではありますが、比較的安い学費で国家資格をとれて、安定した収入や雇用が保証される職業です。また平均年収は470万円前後と、女性の年収の平均が200万円前後であることを考えると、収入の高い職業といえます。看護師になるためにあまりお金がかからない理由として、4年制の看護学部のある大学に通う以外にも、3年制の専門学校に通うルートがあるためです。さらに専門学校の中でも、国公立や医師会が経営する学校は非常に学費が安いことで知られています。卒業後に学校が指定する病院で定められた年数以上勤務すれば、返済しなくてもよい奨学金制度を設けている学校も少なくありません。しかし、看護師は生命と健康に関わる職業である以上、緊張感と責任をもって取り組む必要があります。授業で学んだ知識や技術を確実に身につけるために、実技のテストも多いです。テストに合格できないと留年してしまう学校も少なくありません。学生は放課後に残って実技テストに備えて練習したり、レポートのために遅くまで図書館で勉強するなど忙しい学生生活を送ることになります。

実習先がそのまま就職先に

看護師を養成する専門学校の生活は厳しく忙しい毎日ですが、志を同じくするクラスメートと乗り越えていくため、クラスの結束力は強くなるようです。また、高校を卒業したばかりの現役生から社会人を経験した人や40代くらいまでの主婦まで年齢層も非常に幅広いことが看護専門学校の特徴です。看護師は就職に困らないことはよく知られています。他にも実習で行った学校の系列の病院などがそのまま就職先になるケースも多いです。病院のレイアウトなど知っている場所で働くことができることは、入職の際に非常に心強いようです。さらに同じ学校から同じ病院に何名かと一緒に就職したり、卒業生が数多く就職しているため、入職時からすでに知っている人と一緒に仕事をすることができるなどのメリットがあるのも、看護学校ならではの就職事情といえます。