人気の医療資格をとる

整体

学びの場は大切です

理学療法士は、ケガや病気で体に障害が生じた人に対して運動療法などを通して機能回復を図るリハビリの専門家です。理学療法士の資格は所定の養成学校を卒業したのちに国家試験に合格する必要があります。社会的貢献度も高く就職にも強い人気資格なので、養成学校は数多くありますが、同じ国家試験合格を目指すとはいえ学校によってそれぞれ特徴も違います。資格を取ってから自分がどのように働いていきたいのかを考えて、その道によりあった学校を選んでいく事が大切でしょう。学校で学んだことは、就職してからの実業務に役に立つことばかりですし、実際に手を動かす実習にどのように取り組んでいくかで、理学療法士としての腕を磨く事にもなるでしょう。

就職にも強いです

理学療法士の活躍の場は、病院やリハビリ施設のほかにも、スポーツ関連施設や学校関連、介護施設など多岐にわたります。特に、高齢化が進む社会においては介護施設の求人数も大変多く、出産後に復帰して時短で働く就職先を探すことも十分可能です。あらゆる分野で機械化が進み人件費の削減が行われることが多い世の中ですが、知識のある人間が携わることが必要な分野であるため、社会的にも需要の高い安心の資格と言えます。専門資格で働く理学療法士は、学校を出たばかりの新人であっても患者から見れば一人の有資格者であるため、責任感が必要ですが、自分が関わった患者さんがリハビリを経て機能回復を果たし日常生活に戻っていく姿見るときには強いやりがいを感じることができるでしょう。